「インターネット+」と伝統的な小売薬局は、医療用のペースである人民網健康衛生チャンネル–人民網-9c8950

第1回中国老人健康産業博覧会は9月27~29日に杭州で行われます。上海華氏薬局有限公司総経理を受け沈天珉人民網ビデオインタビューでは、高齢化社会の到来は、小売薬局は参与して遅い病管理の仕事の中で、「インターネット+」と伝統的な小売薬局の接続について、医療改革のペースで共同前に。実は何年も前に、全体の医薬業界はすでに人口の高齢化問題に注意しました。2014年の全国60歳以上の人はすでに1億人に達し、その中に約4000万人が増えている。どのように高齢者健康幸せな晩年生活になるのは、もう一つの重要な社会問題。長い間、慢性的な病気は高齢者の生活の質に影響を及ぼしているという。ここ数年、遅い病気の管理は全体の小売業の業界の1つの熱い言葉になります。「スロー病」については、すでに明確に診断され、合理的な治療案がある人は、すでに不足している医療資源を占有する必要はないという説があります。彼は、遅い病管理の仕事は任せて参加登録。「今のところ、この仕事は私たちが行っているが、医薬小売業全体にとっては、遅い病気管理の仕事が本格的に展開されている。一つはセットになる政策を必要とし、2は全体の医薬品小売業自身の能力の向上を必要とし、3は社会全体が遅い病気管理体系に対して認められている。」自慢話をする。インターネットを利用して、ラインの下に融合して多くの小売薬局の探索方法になっている。「インターネット+”時、沈天珉表示、医薬小売業界は政策に関する度が非常に緊密な業界について、きっと医療改革プロセスに通じ、徐々に「インターネット+」と伝統的な小売薬局の仕事の収束。「今のところ、インターネットを使って業務全体を通じていくことができますが、本当の発展を得るには、必ず医療の歩みについて共に進んでいきたいと思います。」(责编:许心怡、权娟)

沈天珉:“互联网+”和传统零售药店衔接要跟随医改步伐–人民网健康卫生频道–人民网 人民网北京9月30日电 (王宇鹏)首届中国老年健康产业博览会于9月27—29日在杭州举行。上海华氏大药房有限公司总经理沈天珉在接受人民网视频采访时表示,随着老龄化社会来临,零售药店应参与到慢病管理工作中;“互联网+”和传统零售药店的衔接,要跟着医改的步伐共同前进。 沈天珉表示,其实早在几年前,整个医药行业已经注意到人口老龄化问题。2014年全国60岁以上人群已经达到1亿,其中约有4000万是失能人群。如何让老年人拥有健康幸福的晚年生活,已经成为一个重要的社会问题。 沈天珉说,慢性疾病普遍影响着老人年的生活质量。近几年,慢病管理成为整个零售医药行业的一个热词。关于“慢病”有一种说法:已经明确诊断,并有合理的诊治方案的人群,没有必要再去占用已经紧缺的医疗资源。他认为,慢病管理工作应交由药店来参与。 “目前来看,这个工作我们在进行,但就整个医药零售行业来说,要让慢病管理工作真正得到开展,一是需要配套政策,二是需要整个医药零售业自身能力的提升,三是整个社会对于慢病管理体系的认同。”沈天珉说。 借力互联网,将线上线下融合成为许多零售药店的探索做法。谈到“互联网+”时,沈天珉表示,医药零售业行业是一个政策相关度非常紧密的行业,一定要跟着医改进程,逐步去打通“互联网+”和传统零售药店的衔接工作。“目前来看,我们可以用互联网把整个业务都打通,但要获得真正的发展,一定要跟着医改的步伐共同前进。” (责编:许心怡、权娟)相关的主题文章: