ロシアの陸上陸上では5競走の選手が4年+コーチの生涯を送っている-popkart

ロシアが罰ご競歩選手陸上再出場停止よんしよ年+監督終身出場停止[要旨」ロシアスポーツ連合会が摘発され、政府の支持のもとで大規模な覚せい剤の使用後の昨日、国際スポーツ仲裁再度法廷に大きな処罰すると発表し、同機構を不正に覚せい剤を使って対露五名競歩選手4年実施出場停止処分同時に引率監督が終身出場停止。ロシアのハッカー曝の姜使用禁药世界反ドーピング機関ダブルスタンダード?(このビデオは原文の内容に関係なく読み続けている)5人の選手の中の1人のキング・アラン・チャン・アランスポーツ10月14日ロシア体育連合会で、政府が大規模な覚醒剤を使用したことを明らかにした後、昨日国際体育の仲裁裁判所が再び処罰されたことを明らかにした。5人は4年+コーチの生涯を通して、ロシアの陸上競技は依然として国際的な輸出期間内にあるため、この事件はスイスのU -ルの国際体育の仲裁裁判所から直接ロシアのスポーツ連合会に対して裁決を下す。ロシアの競技選手5人の選手は、それぞれのの選手は、それぞれのの選手として、のオリンピックの選手として、では、のオリンピックの選手として、では、の選手は、の選手として、では、では、のオリンピックの選手として知られています。この5人は2015年6月の血液強化耐久力増強剤のテストで、結果はいずれも陽性である。デモを受けて処罰された5人のロシア競走の選手はみな実力派の選手だ。ヨーロッパ優勝、2014年にはチューリッヒで20キロを獲得。2013年には、世界選手権で男子50キロの銀メダルを獲得した。同社は2014年の世界青年戦で優勝し、今年はヨーロッパ杯で優勝した。五人の出場停止期間2016年からななしち月から計算することを意味し、2020年までに彼の(彼女)らない試合出場。5名の競歩選手はいずれも同じ監督を担当していたので、監督は一枚で生涯をわたっていた。5人は2015年6月の株価の中で不合格になったのですが、その年5月17日にヨーロッパ戦で優勝しました。優勝の時間は、葉が失敗する前に2週間も経っていません。「5人の選手は反覚醒剤違反の行為を発見された。」CAS登録は声明の中で。ロシア競技の大面積は、この判決がロシアの陸上競技に打撃を受けたのは間違いなく、これまでにない覚醒剤の不祥事でリオ五輪に参加することを禁じられており、国際オリンピック委員会(IOC)の徹底的な改革を求めた。「国際陸上競技連盟(IAAF)競争ルール第32 . 1条及び第32.2条、全5名の選手がルール違反の覚せい剤を発見して、伊万-ノース科夫、ミハイル-レイゾフ、ヴィラ-索科洛娃とデニス-ス特列尔科夫2016年からななしち月じゅうご日開い始出場辞退され四年。また、2015年6月2日から2015年7月15日までに取得したすべての試合の成績はいずれもキャンセルされ、すべてのメダル、ポイント、ボーナスが回収されています。オバマ氏は2016年7月17日から4年にわたって始まった。」ここ数年来、すでに25人を超えるロシア競走の選手が、このうち3つのオリンピックの優勝を含む2012年のロンドンオリンピック男子50キロチャンピオン、2008年北京オリンピック女子20キロ優勝、2012年ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しました。2008年北京オリンピック男子20キロで優勝しました。他のスポーツ選手は2011年の世界選手権50キロチャンピオン-バクー林、2011世界選手権で銀メダル獲得したウラジーミル-カードです。覚せい剤の調査に伴い、2015年の北京陸上競技大会ではロシア競技選手だけが応募したが、同様に覚醒剤の検出に不合格となった。(冬の小麦)

俄田径再遭罚 5竞走选手禁赛4年+教练终身禁赛 [摘要]在俄罗斯体育联合会被揭露由政府支持下大规模使用兴奋剂后,昨天国际体育仲裁法庭再次做出一大处罚,该机构宣布因违规使用兴奋剂对俄五名竞走运动员实施禁赛四年处罚,同时带队教练遭终身禁赛。 俄黑客曝小威使用禁药 世界反兴奋剂机构双重标准? (此视频与原文内容无关,仅供延伸阅读)五名遭禁赛的运动员其中一人埃尔米拉-阿兰贝科娃腾讯体育10月14日 在俄罗斯体育联合会被揭露由政府支持下大规模使用兴奋剂后,昨天国际体育仲裁法庭再次做出一大处罚,该机构宣布因违规使用兴奋剂对俄五名竞走运动员实施禁赛四年处罚,同时负责带队的教练遭终身禁赛。五人禁赛四年+教练终身禁赛由于俄罗斯田径仍处于国际禁赛期内,该起案件由瑞士洛桑的国际体育仲裁法庭直接对俄罗斯体育联合会作出裁决。CAS作出裁决的五名俄罗斯竞走运动员分别是维拉-索科洛娃(女)、埃尔米拉-阿兰贝科娃(女)、伊万-诺斯科夫、 米哈伊尔-莱佐夫、丹尼斯-斯特列尔科夫。这五人在2015年6月血液增强耐力增强剂EPO的测试中,结果均呈阳性。遭到禁赛处罚的五名俄罗斯竞走选手,均是实力派运动员。埃尔米拉-阿兰贝科娃两次获得欧洲冠军、2014年在苏黎世获得20公里冠军。2013年米哈伊尔-莱佐夫在世锦赛上获得过男子50公里银牌。伊万-诺斯科夫则在2014获得欧洲赛铜牌,维拉-索科洛娃早在2003年的世界青年赛就获得过冠军,今年的竞走欧洲杯获得冠军。五人的禁赛期从2016年7月开始计算,这意味着在2020年之前他(她)们都无法出战比赛。五名竞走运动员均系同一教练执教,因此教练维克托-切金被终身禁赛。五人是在2015年6月的药检中出现不合格,而米哈伊尔-莱佐夫、埃尔米拉-阿兰贝科娃在当年的5月17日欧洲赛上获得冠军,夺冠时间仅在药检失败前不到两周。“五名运动员都被发现犯有违反反兴奋剂规定的行为。”CAS在一份声明中说。俄罗斯竞走大面积遭禁赛这项裁决对俄罗斯田径无疑是又一打击,该项目因为前所未有的兴奋剂丑闻被禁止参加里约奥运会,导致国际奥林匹克委员会(IOC)寻求彻底改革兴奋剂检测。“根据国际田径联合会(IAAF)竞争规则第32.1条和第32.2条,所有五名运动员都发现违反反兴奋剂规则,伊万-诺斯科夫、米哈伊尔-莱佐夫、维拉-索科洛娃和丹尼斯-斯特列尔科夫从2016年7月15日开始被禁赛四年。此外,他们在2015年6月2日至2015年7月15日期间取得的所有比赛成绩均被取消资格,包括所有奖牌、积分、奖金被收回。埃尔米拉-阿兰贝科娃则从2016年7月17日开始禁赛四年。”近年来,已经有超过25名俄罗斯竞走运动员遭禁赛,其中包括三个奥运冠军——2012年伦敦奥运会男子50公里冠军谢尔盖,2008年北京奥运会女子20公里冠军、2012年伦敦奥运会银牌得主奥尔加,2008年北京奥运会男子20公里冠军瓦列里。其他被禁赛的运动员包括2011年世锦赛50公里冠军谢尔盖-巴库林,2011世锦赛银牌获得者弗拉基米尔-卡涅金。随着兴奋剂调查的深入,2015年北京田径世锦赛上仅有一名俄罗斯竞走运动员报名,但最终同样因为兴奋剂检测不合格而无缘比赛。(冬小麦)相关的主题文章: