チェルシースターがこうやって世界最強を争う!アズハルのほかに、いち王-444kk.com

チェルシースターがこうやって世界最強を争う!その名の外でまた1王は、フィールド上の多くの人が1人になっていることに等しくなって、チェルシーホームへの戦いができたことに等しい。これは現在の守備が最も良いチームとの対決だ。今回の試合前には、両チームのこだわりは1桁だったが、残りのチームには最低でも12粒もある。守守といえば、最初は大家級の人物である。今日の試合の前半は、チェルシー全体の表現が一般的で、特に前43分で10記のシュートを送っていたが、葉は1球だけなくしてしまった。運要因のほかに、既存の位置の迅速な調整についても。相手に肩を当てられた上で、ボールが入ってから、もともとは2匹の腰が右にある位置を少しずつ下げてしまいました。試合の前半であることを言っていないということはないというのであれば、その試合は後半に入ってきたのではないか。攻撃においては、南は海の端まで深く入り込んでいた。試合が82分目になった時、彼は禁止区域の右側とウィリアムと協力した後の横に一線を流れていた」。ディフェンスの中で、坎特の回復もトテハンムの攻撃を抑制され。もっと重要なのは、チェルシー反超スコアのゴールは、坎特からのカット。ボールは、これまでの道に沿ったものである。試合後、「毎日ポスト」は7点を獲得したが、これはチェルシーチームは、オリジナルの最も高い得点を加えた。全大会の試合が下りてきて、金メダルを5回成功したことに成功して、チームはバックの阿安に次ぐです。また、2回の阻止で2回の包囲攻撃。さらに重要なのは、グランドの大きな範囲を走ることで、チェルシーが後半に活気に満ちている。「私たちがキックしているのも3番の中で、海は中の中にあります。しかし、その辺は同時に左右に現れることができます」と述べた。」多くのネットユーザーの言葉を使って形容することができて、それはそれでは、これは、唯一の、チェルシー、チェルシーは、その場で多くの人が多くなりました。これは、フィールド上に1人が多くなっていたが、このシーズンには、このシーズンのシーズンが多くなっています。一方、チェルシーでは、もともとはコアレベルの人物となっている。主に主力位置を捨ててしまったため、ボールは、往々にして、通貨を経由したものである。ソースに比べて、ボールはボールの回数がもっと多いです。今日、二者のパス回数は47と36回です。これに比べて、海外では、これ以上の役割を果たしています。これに加えて、10年に6回、切断ボールが6回あった。彼は最も全面的な守備型に恥じない。しかし、海外では、自分との間では競争相手ではなく、親密なパートナーとなっている。「チェルシー数多くの優秀な選手が、私と马蒂奇は鉄のパートナーは、の、彼は1人のとても優秀な選手。日常の訓練の時、私と彼の間に一緒に協力し、一つ鍋の物を食うので、試合の時は、私たちが互いを理解。毎回彼が挿入する時、私は後方を守ることができます;同様に私が前に進む時、彼も私の位置を守ることができて、これは1種の互いにとても良い暗黙の了解で、私はこれが偉大な戦友の気持ちだと思っています。」相手の悪夢というのは、とりあえず守備型の先頭に入っています。いくら球場の上では球場で、二人とも多くの類似点があり。コートの上では、彼らは普段から知られていたが、チームに必要な時には、正しい時間に正確な位置に現れている。チェルシーの最初に移籍したのは、馬が自分と馬との比較的話題を避けた。しかし、馬は、私にとっては、これまでの能力は非常に優れています。「欧FIFA公式サイトは彼の最も良いか誰の後継者に、馬クライン莱は「難しい蹴りの位置。君はリーダーシップが必要だ。あなたがあなたのチームメイトMFとよく協力し。私はこれが好きですが、彼は私より良いのではないでしょうか。私は知らない。」比べて見て、パートナー马蒂奇とさらに直接:「馬クライン莱偉大な選手の、我々は彼を尊重する。しかし私は坎特は彼より優れて、彼は守備の端の仕事のしたのはとても良くて、彼はまだ完成していくつかの追加の質の高い表現。」このように言うことができるのは、これによっては、ブランドがあります。今チェルシー陣にアズハルは潜在力があると見なされて争奪同位置世界一の选手、彼のほか、坎特もきっと1名が争奪同位置世界一の选手、甚だしきに至っては単論ディフェンス型ミッド坎特少なくともはすでに世界の前の3列。(より切りドール)

切尔西巨星这么踢可争世界最强!阿扎尔外又1王 有坎特,等于场上多一人   新浪体育讯  切尔西主场迎战热刺,这是目前英超两支防守最好的球队之间的对决。本场比赛之前,两队的失球都只有1位数,而其余球队中失球最少的也有12粒。而说到防守,蓝军首推的就是大师级人物坎特。   今天比赛的上半场,切尔西整体表现一般,尤其是前43分钟,热刺轰出10记射门,蓝军却只丢了1球。除了运气因素以外,也与坎特位置的及时调整有关。在被对手盯住了肋部空当,并且打进一球以后,坎特原本双后腰偏右的位置稍稍回撤了一些,这样,热刺的攻击通道就被堵死了。 坎特无处不在   如果说比赛的上半场,坎特表现一般的话,那么比赛进入下半场,随着坎特的复苏,切尔西也勇猛了起来。在进攻中,坎特甚至深入了前场右路,并且与迭戈-科斯塔打起了配合。比赛第82分钟时,他在禁区右侧与威廉配合后横传出了底线,现场解说笑称:“这是难为坎特了”。防守中,坎特的复苏也让热刺的进攻被遏制。更加重要的是,切尔西反超比分的进球,就来自坎特的抢断。皮球沿着坎特→阿扎尔→迭戈-科斯塔的路线,最终由摩西形成了破门。   赛后,《每日邮报》给坎特打出了7分,这可是切尔西队内除了佩德罗外的最高分。全场比赛下来,坎特成功铲抢5次,全队仅次于后卫阿斯皮利奎塔。另外,他还有2次拦截,2次解围。更重要的是,坎特的大范围跑动,让切尔西的中场在下半场充满了活力。莱斯特城曾经的球探总监史蒂夫-沃尔什形容:“我们踢的也是三中场,德林克沃特在中路,而坎特却能同时出现在左右两边。”用很多网友的话来形容,那就是有了坎特,切尔西等于在场上多了一人。 有坎特等于场上多了一个人   上赛季在莱斯特城时,坎特就是由守转攻的重要枢纽,皮球总是要经过坎特和德林克沃特之后交给马赫雷斯。而现在在切尔西,坎特已经成为了实打实核心级人物。由于法布雷加斯丢掉了主力位置,皮球往往经由坎特和马蒂奇之后直接交给阿扎尔等攻击手。与马蒂奇相比,坎特的拿球次数更多。今天,二者的传球次数分别是47和36次。相比之下,坎特的枢纽作用更大一些。此外,坎特的拼抢有17次,断球有6次,铲球也有5次。他无愧于最全面的防守型中场。   不过,在坎特看来,自己与马蒂奇之间绝非竞争对手,而是一对亲密无间的合作伙伴。他说:“切尔西拥有众多优秀的中场,但我跟马蒂奇是一对铁搭档,是的,他是一名非常优秀的球员。在日常训练的时候,我和他之间就一起配合、亲密无间,所以在比赛的时候,我们能够很好的理解彼此。每次当他前插的时候,我就会固守后方;同样我向前推进的时候,他也会帮我守住位置,这是一种彼此间很好的默契,我想这是伟大的战友之情。” 对手的噩梦,是坎特   作为一名防守型中场,坎特经常被拿来与他的前辈马克莱莱相提并论。无论在球场上还是球场下,二人都有很多相似之处。在球场上,他们平时都显得默默无闻,而在球队需要的时候,他们却总能在正确的时间出现在正确的位置上;在球场下,他们又都是那么谦逊。   在转会切尔西之初,坎特回避了人们把自己与马克莱莱比较的话题。而在马克莱莱本人看来,坎特的能力已经很出色了。当被欧足联官网问到谁是他最好的接班人时,马克莱莱说道:“这是个难踢的位置。你需要有领导力。你需要在中场和你的队友配合好。我喜欢坎特,但他是否比我好呢?我不知道。”相比之下,搭档马蒂奇的话更加直接:“马克莱莱是伟大的球员,我们都尊重他。但我认为坎特比他更出色,他在防守端的工作做的非常好,他还完成一些额外的高质量表现。”可以这么说,有了坎特,孔蒂才有了争夺英超冠军的底气。   如今切尔西阵中,阿扎尔是被看做有潜力争夺同位置世界第一的球员,在他之外,坎特无疑也是一名能够争夺同位置世界第一的球员,甚至单论防守型中场,坎特至少已经在世界前三之列。   (比切多尔)相关的主题文章: